マレーシアのコールセンターAegisはどうだったのか。

マレーシア生活情報
 
マレーシアで仕事を探しているという方なら目にしたことはあるであろうマレーシアのコールセンターのボス的な?会社Aegis。
ブラックだと言われる?!こともあるAegisですがどうなのでしょうか?Σ(゚Д゚)
 
今回ちょっとぶっ込んだテーマで書きます(笑)
 
というのも私は2016年12月末から2017年末の1年間Aegisでコールセンターをしていました。
 
 
YouTubeでマレーシア生活について動画も作っていて、その中で会社名は伏せてコールセンターについて話をしているのですが、見て頂いた方から見事に会社名を見抜かれていてバレているようなので?!ガッツリ書いていきます(笑)
 
 
ちなみに私のYouTubeチャンネルはこちらです♫
チャンネル登録して頂けると非常に嬉しいです(≧∇≦)b
 
 
 
※※※ここでお話するのは私が働いていた頃(2017年)の状況です。今は働いている人も変わり状況は変わっているようです。(コールセンターなので人の入れ替わりが激しい)なので参考程度にご覧ください※※※
 
Aegisはグレー。日本で言うブラック企業ではないがホワイトでもない。
まずAegisがブラックかというとブラックではなさそうです。
グレーです( ゚д゚)
 
 
 
どういうことかと言うと日本のブラック企業のように長時間労働、サービス残業、休みが少な過ぎる、有給休暇が取れない、上司が鬼、上下関係がヒドいという訳ではありません。
 
 
 
ほぼ定時、週休2日に加えて年間病休14日と有給休暇14日が取れる、上司は普通(例え上司が日本人だとしてもマレーシアに現地採用で来る日本人なので割と考え方は柔軟。人によるとは思いますが。)、上下関係は私のときはかなり緩かったです。
 
 
かと言ってホワイト企業かというと微妙なところがあります。
 
 
Aegisは有名でよく知られていますが、ブラック的なイメージもありますので私は割とブラック呼ばわりしています。
 
 
Aegisがホワイト企業ではない理由
 
1.給料はマレーシア在住日本人の最低賃金。
 
 
Aegisの給料は航空系のコールセンター所属で5500リンギット(15万円程)、旅行系所属だともう少し高い。
 
(私の頃は5000リンギットでしたが、日本人の最低賃金が変わった)
 
 
この額だと日本で暮らしたり日本に一時帰国した時には貧乏な気分になりますが、マレーシアだとジムとプール付のそこそこ広いキレイなコンドミニアムに住めるので複雑なところですね(ーー;)
 
コンドミニアムだけリッチ気分、実情は節約生活といったところでしょうか。
マレーシアはお酒が日本より高いのでお酒が好きな人、飲み会が好きな人、日本食レストランじゃないと嫌という人にとっては我慢が強いられます。
 
一方でお酒も飲み会もほぼしないという人や日本食に強くこだわらずローカルのご飯も食べながら生活できる人にとっては普通に生活ができるかと思います。
 
 
マレーシアに住む分にはそこそこの給料(マレーシアの部長級と表現されることが多い)が日本人の感覚ではフリーターか新卒の手取り。
 
 
2. とりあえずテキトー。
 
 
日本のガチガチ感やブラック企業を肯定するかのような精神論や根性で何とかしろ的な無茶ぶりが嫌になってマレーシアに来ているのでテキトーなのはありがたいのですが、大事なところもテキトー、放置、できるだけやりたくない精神なんですよね。。。
 
 
・Aegisで英語のコースが受けられるというのがあって、それを楽しみにしていたのですがいざ入社して聞いてみると今は開講していないとのこと。
 
 
で、クラスが開講されるまで10ヶ月待ちました(;´Д`)
 
 
 
英語講座の参加者募集は講座スタートの2ヶ月前くらいから始まるので、もしAegisの英語講座に興味がある方は今の開講状況を面接のときなどに事前に聞いてみてもいいかもしれません。
 
 
開講予定なら数カ月先の予定くらいは決まっている可能性があります。
 
 
 
また給料も最後の3ヶ月も税金の手続きの都合上止められてなかなか支払われないなど、、、いろいろ起こり得ますのできちんと自分でも把握し追い立て、駆り立てましょう(笑)
すぐ忘れられるのでスパムか?というくらいしっかりリマインドをして忘れさせない必要があります。
 
 
3.現場任せ。困ったときの訴える先が脆弱
 
基本的に現場任せなので、現場リーダーが独裁的になりやすいです。
 
 
現場リーダーが就業時間終了後にミーティングをすると言ったり、残業をさせたとしても、会社がするように言ったことではないので残業代は出ません。
 
 
サービス残業が現場リーダーによって起こり得る、たとえリーダーが間違ったことをしていても止める勢力が脆弱(むしろ無い)
 
なのでその時のリーダーの性格や価値観によって仕事環境が大きく左右されます。
例えばサービス残業として数時間職場に残されたとしても文句は直接リーダーに言うくらいしかなく、従うしかないので誰も抵抗できません。
 
 
過労系のブラックさはない
毎日長時間のサービス残業で休みも取れないという日本のブラック企業ではないです。
きちんと週休2日プラスマレーシアの祝日は代休が取れます。また有給もしっかり消化できます。(私は全部使いきりました)
  
結論として日本の長時間労働や過労系統のブラック企業ではないですが、
マレーシア現地採用日本人の最低賃金という給料の安さや組織としてテキトーなところはあるのでグレーだと1年働いて感じました。。。(゜o゜)
 
 
 
※以上、個人的な感想でした!
 

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました