マレーシアでの抜歯(歯列矯正)その2

マレーシア生活情報

前回マレーシアの歯医者で歯列矯正のため抜歯をしに行った話を書いたのですが、
家に帰ってからの方が辛かったのでその続きを書きます。。。

そう、抜くのは麻酔がかかっているのでたいしたことはないのですが、多くの抜歯経験者が言うようにそのあとが辛いのです。

家に帰ったあともガーゼを1時間くらい噛んでないといけなかったので引き続き噛んでました。
もういいかなーと思ったころ外してみると、10分ほどすると血が口の中に溜まって仕方ない。
やっぱりまだダメだったかなと再度30分噛んでみて、外しても同じ。

とにかく、血が止まらない!!!
何よりこれが 一番つらかった。

抜歯後はうがいをしてしまうと傷口のかさぶたが取れてしまい余計に血が止まらなくなるし、傷口がふさがらなくなるので、うがいは禁止。

血の味との闘い?!です。

さらに麻酔が切れてきてジリジリと痛みも加担してくる。。。
とりあえず寝れば気にならないだろうと就寝。
痛み止めが切れて痛むのが嫌だったので、痛み止めが再度飲める6時間後に目覚ましをセット。

翌朝

おー、血が止まっているという感動とともに会社に出勤。
私の仕事はサービス業なのでしゃべることが仕事。
それがダメでした。

終業時間まで1時間のところで血が止まらなくなり、早退。
そのまま歯医者へ。。。

そして歯医者さんにしばらく話すの禁止と言われ次の日はお家で一言も話さず引きこもり。
おかげさまで無事血が止まりひと段落。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました