マリンドエア(マレーシアのLCC)

マリンドエアライン
IMG20170527095735.jpg
マリンドはマレーシアのLCC航空会社の1つです。
私もマレーシアに来て人から聞いて初めて存在を知りました。
マレーシアで有名な航空会社と言えば日本でも飛んでいるLCCエアアジア。
日本人に知られてはいませんがとてもよかったです。
こちらの情報は2017.05.27現在のものなのでルール等変わることがあると思いますので、ご了承ください。
良かった点
1. 受託手荷物が30kgまで付いている!!
LCCは通常受託手荷物は別料金で7キロ以下の機内持ち込み手荷物しか付いていませんがマリンドはチェックインカウンターで30kgまで預けられるのがいい。
2.スナックが付いている!!
機内食とまではいきませんが、軽食と小さなドリンク、水が貰えます。
今回はピザパンとマフィンのセットとオレンジジュースと水でした。
IMG20170530163820.jpg
ピザパンは具だくさんでなかなかの美味しさ。
マフィンも温かくてとても美味でした。
飲み物は小さなカップに入れて普通の航空会社のように一人ひとりに飲み物を聞いて個別提供してくれます。
何があるのか分からなかったのと、聞くのも面倒だったので見えていたオレンジジュースにしましたが他にも数種類ありそうな模様。
7upとペプシもあったな。。。
ただコップが小さくて、浅いので揺れるとすぐ溢れるのが難点かな。
あとお水は220mlのパックに入ってストローが付いたもの。
ストローが付いているところがちょっと親切。
普通の航空会社でもストローが付いてなくて直のみだったこともあるので。
3.ブランケットが無料で借りられる。
ブランケットは一つ一つビニール袋に入っていて清潔感がありサイズも大きいのでありがたい。
4.座席は普通のLCCよりゆったりしています。
5.座席前にスクリーンが一つずつ付いている。
ということで内容はとてもいいです。
LCCのちょっといいバージョン最高!
お値段も普通のLCCよりちょっと高い程度です。
LCCに受託手荷物や食事を付けるより安くつく様なレベルです。
今回はベトナム観光。
マレーシアのクアラルンプールからベトナムのホーチミンに行ってきました。
日本人は私以外見かけませんでした。
日本人があんまり利用しない為か、4日間の旅行だけなのにベトナムのVISAがないと飛行機に乗れないと搭乗口で言われ、ベトナム行けない危機に陥りましたが、無事に到着。(ベトナムへは日本人は15日以内ならVISAなしでOK)
クアラルンプールからホーチミンまでは往復で330リンギット(日本円で8250円くらい)
マレーシアからベトナムホーチミンへは飛行機で2時間で到着しました。
まだ路線は少ないですが今後に期待。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました