マレーシアのマクドナルドと日本の違い

マレーシア生活ブログ

海外旅行で食べるものに困ったときの救世主!!

さすがどこに行っても安定の味のマクドナルドです。普通のハンバーガーやチーズバーガーは日本で食べるものと同じ味ですが、違うところもあります。今回はマレーシアのマクドナルドと日本のマクドナルドの違いについてご紹介していきます。

マレーシアのマクドナルドには豚肉がない

ポークバーガー好きとしては残念です( ゚д゚)
マレーシアはイスラム教徒が多い国かつマレーシアのマクドナルドはハラルなので豚肉はありません。

ちなみに牛肉も中華系は宗教上食べれない人もいるのです主流はチキンですが、ポーク以外はあります。

チキンやビーフのハンバーガーは日本で食べる物と多少メニュー内容は変わりますが味はマクドナルドです。

IMG_20171122_113331.jpg

お粥、フライドチキン、ナシレマがメニューにある

お粥は中にチキンが入っていて味も濃いめなので食べ応えはあります。

またマレーシアはフライドチキンが大好きでケンタッキーがたくさん街中にあります。マクドナルドにもケンタッキーかのごとくフライドチキンが年中あります。

そしてナシレマはマレーシアの名物料理でココナッツミルクで炊いたご飯に炒ったナッツや煮干しのような魚が添えられた食べ物です。よくフライドチキンも添えられています。マレーシアではナシレマを朝ごはんに食べる人もいます。マレーシアの定番食ナシレマはマクドナルドにも登場します。

期間限定商品ですがナシレマバーガーというものが登場したときもありました。

チリソースをつけて食べる

ケチャップの様な固さ&見た目の液体で色は赤透明です。これをポテトにつけたり、ハンバーガーにつけながら食べたり、ハンバーガーに挟んだりして食べます。

IMG20171118204912.jpg

これをみんなハンバーガーやポテトにめっちゃつけます。

専用の小さいソース入れがコーヒーミルクや砂糖と同じように並んでます。チリソースはトイレに備え付けのハンドソープかの如く、設置されているポンプを押すとチリソースが出てきます。

このソース皿サイズじゃ物足りないと、チキンナゲットの箱のフタに入れてる人よく見かけます。(私のマレーシアの夫もチキンナゲットのフタを使う派です)

 

さらにテイクアウトでもがっつりチリソースを付けてくれます。ハンバーガー3つに15個くらいチリソースがついていました。

定番ドリンクにミロ。オレンジジュースは追加料金要

ドリンクの定番商品にミロ(ココアみたいな味がする栄養ドリンクみたいなやつ)があります。
野菜ジュースや牛乳などの健康志向のドリンクはなく、種類は少なめです。

さらにコーヒー、炭酸系統、レモンティー以外の飲み物を選ぶ場合(オレンジジュースなど)、追加料金がかかります。(追加料金は100円以下です)
IMG_20171122_113309.jpg

期間限定商品は辛いものが多い

定番商品は日本と同じような感じでハンバーガー、チーズバーガー、フィレオフィッシュ、ビックマック、チキンフィレオなどがあります。ただ定番商品以外の期間限定のハンバーガーは辛いものが多いです。

たまに辛くないものの時もありましたが、新商品ほとんど辛い系のハンバーガーです。
期間限定で登場した見るからに辛そうなスパイシーチキンバーガー。
IMG_20171122_113240.jpg

価格は日本よりちょっと安いくらいで大差なし

マレーシアは基本海外からのものは高いです。
マレーシアは物価が安いので海外のものは高く感じるのと税金が高いパターンも多いです。

マクドナルドの価格も日本のマクドナルドの価格と大差がないのでちょっと安いかなという程度です。

だいたいチーズハンバーガーとポテトSのセットで150円くらい。
ドリンク、ハンバーガー(100円マックじゃないタイプのもの)、ポテトのセットで450円くらいです。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました