マレーシアの携帯代、SIMカード(Umobile)

マレーシア生活情報
マレーシアのSIMカードはコンビニ、空港、ショッピングモールなど割とあらゆる所で買えます。
私はマレーシアに来てから、マレーシアのセブンイレブンでSIMカードを買いました。
私がマレーシアで使っていたSIMカードはUmobileのものです。
SIMカード自体の値段は8リンギット(約200円)ほどでした。
これはSIMカード自体の値段なのでこれだけでは使えません。
 
 
実際に使うためにはSIMカードにトップアップ(お金を入れる)をしないといけません。
 
セブンイレブンでそのままいくらトップアップしたいかを言ってその額を払うと、数字の並んだレシートをくれます。
 あとはそのレシートに書いてある番号を音声案内に従って数字を入れると完成です!
 
 
ちなみにトップアップはアプリでもできます。

Screenshot_2018-05-22-13-45-40-29.png

 
アプリだとトップアップしたい金額を入力してカード番号などのカード情報を入れるだけです。

Screenshot_2018-05-22-13-45-59-50.png

 

値段の目安は月20リンギット(約500円)のものだと、1.5GBのデータと20分の無料通話がついたプラン。

IMG_20180517_200409.jpg

 
月50リンギット(約1250円)だと12GBのデータと50分の無料通話がついたプランなどいろいろあります(^^)

IMG_20180517_200723.jpg

UmobileのSIMカードは10リンギット(約250円)を入れると10日間維持できます。(番号維持には1日1リンギット。)
番号を維持するために入れたこの10リンギットは1か月20リンギットのプランなどのプランを購入するのに使うことができます。
なので私の場合
毎月番号維持のため30リンギット(約750円)をトップアップ。
毎月20リンギットの1.5GBのデータがついているプランをトップアップした30リンギットを使用して購入という感じです。
そこで疑問になるのが差額の10リンギットはどうするの?ということです。
この10リンギットはアカウントに蓄えられていきます。
そして例えば電話をたくさん使い、月20分の無料通話分を超えてしまったというようなときに、この蓄えているお金から引かれていきます。
ちなみにXOXという会社のSIMカードは最初に50リンギットを払うと、電話番号の有効期限が28か月になるプランがあります。
データ通信などはあまりいらないので電話番号の有効期限が長いものがいいというときにはXOXのSIMカードが安いです。
私は日本に帰国した今もマレーシアの番号は持っているのですが、1250円でマレーシアの電話番号を2年4か月残せるのでかなりコスパがいいです。
XOXのリンク
(1リンギット25円計算)

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました