マレーシアでの結婚手続き方法(中華系マレーシア人との結婚手続き)

マレーシア生活ブログ

Single certificateとBirth certificateを手に入れる

まずはSingle certificate(独身証明書)とBirth certificate(出生証明書)を用意しなければいけません。
Single certificate
IMG_20180714_031040.jpg
Birth certificate
IMG_20180714_031157.jpg
戸籍謄本をマレーシアにある日本大使館に持っていくとSingle certificateとBirth certificateが手に入ります。
値段は1通45リンギット、2通で90リンギットです。
 
※戸籍謄本は日本で手に入れないといけません。
戸籍謄本はのちのち必要になってくるので2通もらっておきましょう
 
大使館ではパスポートの提示が求められるので、パスポートも忘れずに持っていきます。
 
Single certificateとBirth certificateは有効期限が半年なのでそれまでに次のステップに進めなければいけません。

Putra jayaのJPNに行く

正式名称と場所はここです。
名称 : Jabatan Pendaftaran Negara
住所 : Ibu Pejabat Jabatan Pendaftaran Negara

Putrajaya, Kementerian Dalam Negeri
No 20, Persiaran Perdana, Presint 2
Pusat Pentadbiran Kerajaan Persekutuan
62551 Wilayah Persekutuan Putrajaya.

ここへハンコとApproval letterをもらいに行きます。
このためにわざわざPutraJayaまで行かないといけないのです( ;∀;)
近くでやってくれ!!
車で一時間ほどかけていきました。
 
JPNの中は古いショピングモール?のような雰囲気でした。
余談ですが、ここのトイレはボロボロでいろいろ壊れている箇所があります。
トイレットペーパーもないのでティッシュは持って行ったほうがいいかも 笑
 
また駐車場はすぐに満車になりますので早めに行った方がいいです。(駐車場は無料)
 
行くときには以下の物を持っていきます。
・パスポート顔写真ページのコピー
最新のマレーシア入国時のパスポートのスタンプもしくはVISAのページのコピー
・マレーシア人の相手のICカードのコピー
・Single certificateとbirth certificateのコピー
・戸籍謄本のコピー
・両名の背景が白か青のパスポートサイズの顔写真
マレーシアは青か白の背景ですが、もしこの後日本でも使いまわしたい場合(日本で配偶者ビザを取りたい場合)日本は背景が白でないといけないので背景は白がオススメです。
 
対応してくれるスタッフによって必要なものが多少変わってきますΣ(゚Д゚)
前に提出書類を聞いたときにはいらないと言われたのに、次に行くとコピーが必要と言われることもあり得ますので参考程度にご覧ください…。
 
急遽いると言われてコピーを急いで取りに行ったこともありますし、いると言われて持って行ったのに「これはいらない」と返されたこともありました(笑)
 
スタッフによって言うことがバラバラです。ただ基本的にはこれらが必要です。
 
これだけやったのにマレーシア人の夫の婚姻ステータスは未だにシングルなのに婚姻証明書は出してくれるという手続きの適当さです(笑)
 
さらにマレーシア人の夫は28年間(夫は当時28歳)マレーシア人としてマレーシアに登録されていなかったことが判明!!
ちゃんと免許証もICカード(日本で言うマイナンバーカードみたいなもの)も持っているのに…。
逆にどうやってICカードを発行したんや??と言いたくなります(笑)
 
←気が向いたらこの話もブログに書きます。

裁判所でSwear(宣誓)をする

外国人の場合、マレー語で書いてある内容をちゃんと理解して署名してますよということを示す必要があります。
婚姻届の中に署名するところがあってD1(上段)とD2(下段)の二箇所ありますが、外国人の場合はD1(上段)です。
IMG_20180718_021831.jpg
※不要(漢字間違えたΣ(゚Д゚))
 
D2はマレーシア人がお寺などで婚姻手続きを進めていく場合にサインするところです。
D1にはInterpeeter(書いてある内容を解釈した人)のサインが必要です。
 
一番厄介だったのがこれです。これは誰でもいいわけではなく裁判所にいる人かInterpreter(解釈者)から署名をもらわなければいけません。
これは望まない結婚を防止するためだそうです。
 
結婚する相方の名前や知り合いの名前を勝手に書いてはダメなのです(@_@)
 
JPN(結婚の書類にハンコをもらう所)のスタッフに聞くと「Interpreterのサインが必要だから詳しくはあの人に聞いてね 」とInterpreterらしき人を指さして言われます。
 
ここで言う「あの人」とはInterpreterを仕事にしている人で、JPN内にウロウロしています。
Interpreterに頼むと80リンギット(約2000円)取られます。
(マレーシア人で同じく日本人と結婚した人曰く、本来は裁判所で4リンギットで出来るらしいです。)
 
私達は裁判所で4リンギット(約100円)でInterpreterのサインがもらえるということは知っていたので、JPN内にいたInterpreterに声をかけられたときになんでそんなに高いねん!と思い断りました。
 
裁判所にいくと4リンギットでできるということは聞いていたので、直接JPNのGround floorにある裁判所へ行くもやっぱりInterpreterが必要と言われました(゜o゜;
 
プトラジャヤ以外の裁判所に行くと。。。
4リンギットでやってくれるようです!!!
結論→Swearはプトラジャヤ以外の裁判所でしましょう。
4リンギットでやってくれます!
80リンギットもかかりません!
 
※偉そうに語っている私は住んでいたコンドミニアムの近所の裁判所でやりましたが、優しそうな顔をした裁判所の人に14リンギット(約350円)だと言われ、ちょっとだけぼったくられていますΣ(゚Д゚)
 
関西の方なら分かるかと思いますが、顔がニュースアンカーのお天気キャスター片平さんそっくりでした 笑
ということで、本来4リンギットでできるところをトータル14リンギット払っています。
 
通りで先払いの4リンギットのみカウンターでお金を受け取り、後で10リンギットをわざわざカウンターから出てきてこっそりもらいにきたわけだ(ToT)
きっとその人のランチ代になるのでしょう 笑

マレーシア人の相手の住所地のJPNに書類を提出する日を予約する

書類が揃ったらいよいよマレーシア人の相手の住所登録地にあるJPNに書類を提出に行きます。
 
これは2人で行かなければいけません。
マレーシア人の相手の住所登録地が住んでいる所から遠かったり、仕事があってなかなか行けないなど個々の事情もいろいろありますが、2人で行かなければいけません。
 
事前にいつ書類を提出をするのかを決めて予約を入れます。
日本でいう婚姻届を提出する入籍日にあたるようなものです。
いつ入籍するのかを決めて予約します。
 
中華系のマレーシア人は「8」という数字が大好きで私の夫は「8」にこだわったので私たちの結婚記念日は2018年8月8日になりました。
 
入籍の予約をした日に相手の住所地のJPNに行き書類を提出します。
 
また入籍の予約をした当日は21歳以上の成人二人が結婚の証人として必要なので、大人4人でJPNに一緒に行く必要があります。
日本で婚姻届を出すときはただ役所に行って婚姻届を出して終わりですが、マレーシアで婚姻届を出するのはちょっとしたイベントです(^^)
 
日本だと超ラフな格好でも婚姻届を提出できますし、本人たち以外誰も来ないのが一般的ですが、マレーシアでは婚姻登録はみんな着飾って気合満点、家族総出でやるところもあります。
 
JPNに婚姻届を提出に行くときはひざ下のスカートで露出控えめの小綺麗な格好で行かなければいけません。
マレーシアの政府機関や裁判所など公的機関に行くときはショートパンツなど肌の露出が多い服装だと入れない場合がありますので短過ぎる服装は避けましょう。

マレーシア人の相方の住所地のJPNへ行く

最後はマレーシア人の相方の住所地のJPNへ本人達と2人の証人も一緒に行き、登録を済ませて完了となります。
事前予約しておいた日にこれまでハンコを押してもらった書類などもらったもの全部を持って行きます。
 

JPNの受付で書類を提出すると待っててと言われるので呼ばれるまで待ちます。
しばらく待つと隣の部屋に呼ばれるので、証人2人も含めてみんなで行きます。
そこではスタッフにマレー語で何か読み上げられるので言われるがままに写真のように右手を上げて聞きます。
20180818084732807.jpg
マレー語で言われてもサッパリ何を言われているのか分からないですが要は「あなたはこの人と結婚しますがいいですか?」みたいなことを言ってるみたいです^_^;
終わると書類にサインをするように言われるのでサインをしておしまいです。
20180818084748114.jpg
これでやっと中華系マレーシア人との結婚手続きが完了です(^^ゞ
20180818084758069.jpg

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました