マレーシアの消費税

マレーシア生活情報

2018年5月まではGST(Goods Services Tax)が金額の6%、2018年6月から3か月のみゼロ%

マレーシアにはもともとGST(Goods Services Tax)と呼ばれるモノやサービスにかかる税金、消費税のようなものが6%ありました。
 
しかし2018年6月1日にマハティール氏が選挙で勝ち、公約実行のためGSTがゼロになりました(≧▽≦)

だがしかし、2018年9月1日からSSTが始まりました!!!!!

 
SSTはSales Tax and Service Taxで直訳するとセールス税とサービス税。
簡単に言うとショッピングモールで飲食をしたりなど贅沢なサービスを受けると合計金額の6パーセントの税金が取られるというものです。

 
生活必需品である食料品や衣服などの普通のモノを買う場合はかからないので、日本の消費税のように一律で6%がかかるわけではありません。「贅沢したら税金とるよ」みたいな感じです。
 
 
ショッピングモールの飲食店など値段が高めのレストランでSSTが取られるだけで、路上の屋台やローカルな安い飲食店などでは取られません。 
 
 
マレーシア現地採用として働いている人間としてはやっぱり週1日くらいはショッピングモールで食事をしたりするので税金がかからなかったのはたった3ヶ月でした。。。
 
今は6パーセントがしっかりとかかります(´Д⊂ヽ
写真はショッピングモールのチェーンのジュース屋さんでスムージーを買ったときのレシートです。
ショッピングモールのジュース屋さんで飲めばSSTがかかりますが、ショッピングモールの外の安い飲食店で買うとSSTはかかりません。
IMG_20180905_154012.jpg

贅沢なサービスには消費税だけでなくService Charge 10%もあります

 
またSSTプラス、ショッピングモールのレストランなど贅沢な飲食店に食べに行くとService chargeとしてこの6%とは別にさらに10パーセント取られるので、地味に結構な出費になります( ;∀;)
 
ただこれもショッピングモールの飲食店など値段が高めのレストランで取られるだけで、路上の屋台やローカルの安い飲食店では取られません。
 
Service ChargeはGSTの時から存在していた贅沢に対する税金です。
またGSTがゼロ%になった3か月の間もありました。
 
ちなみにマレーシアはチップの制度はないのでご安心ください。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました