マレーシアのコールセンターで働く際のメリット

前回のブログではなぜ私がコールセンターを1年で辞めたのかということについて書いてきましたが、今回は逆にマレーシアのコールセンターのプラス面についてご紹介していきます(^^♪
1.英語が苦手でもやっていける。(お客さんは日本人なので話す相手は日本人。仕事仲間も日本人)
2.初めての海外デビューにはいい。(英語力を求められない。雇う側も海外初デビューの日本人を雇うことに慣れているため丁寧日本人の担当者や日本語を話せる人がいることがほとんどなので分からないことは日本語で聞ける。)
3.働いている人も日本人が多いので仲間を作りやすい。
4.海外で働くためのサポートが充実している。
日本人の担当者が面接から、ビザの申請、飛行機の手配(マレーシアに来るための片道航空券が無料な所が割と多い)、住むところの手配や手伝い、現地でのサポートを会社が全部やってくれるため、慣れてない人にはちょうどいい。
なのでコールセンターという仕事は海外初デビューには向いていると思います(^^♪
また英語が苦手だけれど、海外で働きたいという方にも向いていると思います。
コールセンターの仕事は長くは続かないかも知れませんが海外で働いてみる、海外デビューしてみるという分にはお手軽だと考えます(*´∀`)

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました