マレーシアの光熱費の払い方(コンドミニアム)

マレーシア生活ブログ

ガス代

払ったことがないので詳しくは分かりません。新しめのコンドミニアムだとオール電化が多いです。
過去2件ともオール電化でした。
 
古いコンドミニアムやマレーシアの一般家庭には日本のガスのような大きな鉄のボンベみたいなのもあります。ただ日本のように定期的にガス屋さんが交換に来るわけではありません。
 
中身が空っぽになったら業者を電話で呼んでどのメーカーのどんなサイズのものが欲しいのかを伝えて替えに来てもらうか、空のガスを持って取り扱っている小さな商店のようなところに行って新しいのを買い自分で持って帰って交換するかです。マレーシア人の夫の実家は後者で、夫も替えたことがもちろんあるらしく「あんなん簡単に交換できる」とのことです。
 
 

電気代

日本と同じように毎月ポストに料金が書かれた紙が入っています。
伝票の紙質、サイズも日本の電気代のメーター表とそっくりです。
 
違うのは日本だとカード引落や口座引落が一般的ですが、マレーシアでは毎月振り込まなければいけません。
伝票に振り込み先が書いてあるのでそれを見て振込ます。
 
ひと月払い忘れたくらいでは電気止まりません。
数か月払い忘れましたが、電気は止まりませんでした。限界に挑戦する勇気はなかったので、最大何か月払い忘れてもいいのかは知りませんが…。
 
 

下水、汲み取り

電気代同様ポストに封筒で請求書が届きますので、それを見て記載の金額を振込ます。振込先も書いています。
マレーシア人の夫に聞いてみましたがこれが下水なのか汲み取りなのかよくわからないとのこと…。
割といい紙で届きます(笑)
 
 

水道代

これもまた同じように毎月金額が印刷された紙がポストに入っています。
コンドミニアムだとマネジメントオフィスに直接払いに行くパターンが多いです。コンドミニアムによってはクレジットカードでも支払いが可能です。
過去2件のコンドミニアムともに水道代のみマネジメントオフィスに直接払いに行く方式でした。
マネジメントオフィスはコンドミニアムの中心オフィスみたいなところです。日本で言う管理人室みたいなところですかね…。
 
部屋に備え付けの冷蔵庫が壊れたなどはオーナーに言って修理などの相談をしますが(マレーシアのコンドミニアムには家具や家電付きが多い)、もし天井から水漏れなど建物の建設自体の問題の場合マネジメントオフィスに言って相談します。
 
どうやって光熱費を払うのか、ゴミはどこに捨てるのか、ポストはどこか、マネジメントオフィスはどこかはきちんと住む前にオーナーに聞いておくとあとで困りません。
マレーシアのコンドミニアムの仲介業者やオーナーは説明が雑なので聞きたいことをまとめて住む前に聞いておかないと、向こうからは1から10まで説明してくれません( ゚д゚)

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました