マレーシアの仕事を見つけるのに使ったウェブサイト

マレーシア生活ブログ

アブローダーズキャリア

https://career.abroaders.jp/search/CNT_MYS

日本語で見やすく、使いやすく、求人数も多いです。日本にいたときによくチェックしていたウェブサイト。

 

KL-WING

http://recruit.jobsearch-asia.com/job/data.php?c=s05_index

クアラルンプール近郊に特化した日本人向け求人サイト。クアラルンプール近郊以外の求人も少しあります。

同じく日本語で見やすいですが、求人数は少なめです。

コールセンター以外の魅力のある掘り出し物の求人がちょくちょくあります。

 

Job street

https://www.jobstreet.com.my/en/job-search/job-vacancy.php?ojs=1&utm_campaign=c:AO_general_jobsearch:20160920&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_content=p1_g4&utm_term=%2Bjobstreet&pem=google

マレーシア人がよく使っている求人サイトです。

英語で書かれているため日本人には見にくいですが、履歴書を登録しておくと会社側から「こんな求人ありますが、どうですか」と電話やメールがきたり、マレーシアでよく使われている日本のLINE的存在「WhatsApp」で連絡がきます。

かかってくる電話、WhatsAppのメッセージはほぼ英語ですので英語で何とかできる人向けではあります。

 

履歴書を見て合う求人の紹介の連絡してきてくれるので便利です。マレーシアのいろいろな人材紹介会社が履歴書を見て仕事を紹介して気になるのがあれば応募してくれるのでかなり数も多く、見つけやすいです。

もちろん自分からウェブサイトで応募もできます。

 

ただ英語ですべて済まされることが多く(英語でのやり取り必須)、向こうもJob Streetに登録している以上英語ができることが前提のため、英語に多少自信のある方向きです。

給料やVISAなどの大切な話も英語なのである程度英語が分からないと大変だとは思います。

 

マレーシアでコールセンターの仕事の次に就職したコンテンツレビューの会社は、Jobstreetに登録していた私の履歴書を見たインドの会社がインドから電話をかけてきて、勢いで速攻マネージャーと面接をして決まりました。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました